潔癖症の人が公共の場で共有を強いらぜられる得ないときの物との付き合い方!

・潔癖のあなたが公共の場で他者との共有で一番困ることはなんですか?

家から一歩外へ出れば物理的な共用物で満ちています。移動するための公共交通機関
に乗ると手すり、つり革、座席などがあります。

 

 

特に手すりや吊革などは潔癖じゃない人でも嫌がる傾向がありますね。
私たち神経質気質があるとさらにこの傾向は強くなります。

 

 

もちろん同じ潔癖であっても人それぞれ、反応するもの嫌悪感を感じるものは違うので
すが。それでも生きづらいのとあらゆるところで神経を使うのは疲れを助長してしまい
ます。

 

この記事では共用を強いられるシーンにおいて、その共用物との付き合い方などを
まとめていきます。

 

・最終的にはフリーランサーになった方がいい!

会社勤めをしているとフリーランスになって仕事をするというのはなかなかハードル
が高いと思いますが、この方がほとんどの場合家に居ながら仕事ができるので公共交
通機関に乗る機会も格段に減ります。

 

自宅を職場にすれば、PCの共有、トイレの共有という概念もないのでこのあたりは
メンタルヘルス的にかなりラクなはずです。

 

 

会社勤めより相対的に共用物においてムダに神経を使うことが減り、エネルギーも
節約できます。

 

 

問題は自分自身が何をやって生計を立てるかということだと思います。

 

 

しかし、これからの時代はこのようになってくると思うので、ご自身の得意分野を
しっかりと理解しておくとフリーランスで生活することも不可能ではないと思いま
す。

 

 

・電車とバス編の手すりの扱いについて

電車やバスの手すり、吊革を触れないからと吊革用の抗菌グッズを購入するのも
いいけど、使い捨てじゃないのはやっぱり気持ちが悪いですよね!?

 

 

吊革用の抗菌グッズを買ってみて使ってみました。まぁ悪くはないのですが、潔癖
症があるとそれを持ち歩くのがイヤになってくるんです。(個人差はあるでしょう。)

 

 

もちろん、ポケットに入れるときに消毒はするんですが、移動で頻繁に乗り換える
ときにその都度消毒するのは手間がかかる上込んでる車内などでは物理的にできな
いということもあります。

 

 

だったら消毒ウェットを吊革や手すりに巻き付けて降りたらホームのゴミ箱にポイ
の方がラクですよね。そしてまた消毒ウェットをすぐに使って手を消毒するのですが。

 

 

私もそうですが、あなたも潔癖で気持ち悪いと感じる場合消毒ウェットを常時備蓄
してあると思います。あなたも困っていると思います。私のような使い方も一度試
していただければと思います。

 

・ドアノブとエレベーターのボタンの扱い方

ドアノブも汚い代表格に挙がってくる共有物ですね。オフィスビルや自分の働く職場
はじめいたるところにありますね。

 

スーパーやコンビニでも入口が複数あるような店舗だと正面玄関は自動ドアなのに他の
出入り口は手動ドアっていうのがけっこうあると思います。

 

あなたも既にやってらしゃるかと思いますが、こういうときは私はほとんど人が触らな
いようなところに指の先2~3本で開けるようにしています。

 

押すタイプのドアの場合は非常に簡単で足で押します。やりにくいのはドアの手すりの
ような棒のタイプで且つ引いて開閉するタイプのドアです。

 

 

後者の場合は棒の上もしくは下(人があまり触らないであると思われる部分)の棒の内側
に指を添えて内側に向けて引っ張ります。すごくやりにくいです。

 

 

エレベーターのボタンの場合は比較的カンタンです。私の場合は鍵の先端で押下します。
まぁそのあと先端部分を消毒するのですが…

 

・職場でキーボードの共有をする場合

あなたは職場でキーボードやマウスを使うときはどうしていますか?マイキーボード、
マイマウス持込OKなら問題ないと思いますが、そういう職場ばかりだけではないで
しょう?

 

わたしは昔持込OKだったので持参していましたが、次の職場では個人情報を多く扱う
ことが多くセキュリティにも厳しい会社だったので持参するこはできませんでした。

 

なので、消毒ウェットでその日に割り当てられたデスクとキーボードとマウスを丁寧
に拭いていました。

 

 

とは言っても気持ちが悪いのです。トイレに行って手を洗わない人もいたのでそういう
の見るとやっぱり気持ちが悪くなりますね。

 

 

こういうのがストレスになり転々とするのですが…

 

キーボード、マウスを消毒した上で使い捨ての調理用の手袋をはめるのはどうでしょうか?
かなりしっかりフィットするので使えます。ただ長く使うと人によっては蒸れの問題も出
てくるでしょう。

 

 

申し訳ありません、ビニール手袋に関しては私は試したことがありません。
しかし、かなり蒸れると思われます。

・世の中の多くの人は無神経すぎる!公衆の面前で鼻をほじくるおっさん

鼻をほじってる人はどこでも目にすることがあると思いますが、私たち神経質気質の人達
は想像力がすさまじい上に思考があちこち飛び火するので朝からスマホ片手にポリポリと
されるのを見ると、自分の仕事中にイヤな思考が入り集中力を阻害される可能性もあります。。

 

 

頭の中にそのイメージがどんどん具現化されて悩まされて苦しみます。
しかし鼻をほじっていても罪に問うことはできず、特に殴られたなど
の物理的な実害もないので泣き寝入りすることになります。

 

 

こういう人たちのせいで神経をすり減らして、日々生きてるのは損の極みだと言えるでしょう!

 

そして疲れいざ寝るときになると今度は寝れないという負のサイクルに入ることがある
と思います。

 

イライラとストレスで目が覚めて気持ちが乱れてしまいます。一過性の自律神経失調症
のようなものなのですが、日々このようなことが多いと慢性化してしまいます。

 

 

さらに、神経質気質の人はマジメという性質も持ち合わせているので目先の疲れを取り
除き無理矢理自分をケアすることに囚われてしまうという傾向もあると思います。

 

でも、逆にこれらの性質をうまく使いこなせればうまく機能していくのだと思います。

 

同じ神経質でも状態は各々違うので各自で自分の特性を理解する必要がありますが
少しでも生きづらさが減れば仕事はじめ私生活でも効率よくなるはずだと思うのですが…